初心者にプログラムを教える注意事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

未経験・初心者にプログラムを教える時のキモをネビーからの注意点!
まず、絶対言語を覚えさせようとしちゃだめだ!

プログラム=キメられた手順で実行される演目ってのを覚えさせるんだ!

プログラムの最初のプの字

まず言語は何でもいい、C言語やJavaScriptでもいい。私はアルディーノを進めるが。

言語で書かれた簡単な分岐処理とフローを見せてこのフローをコンピューターがわかるようになるには、
こう書くんだよ!って教える感じかな

プの字のあと

まずは、コード書く前にフローを考えさせるんだ。

それからコードに起こす。コードに起こす際は必ずリファレンスを引くように教えよう

10年プログラムやってもリファレンスは必ず引くんだ。
手の込んだシナリオライターや作家ほど、辞書を手放さいないのと同じ理由

更には、プログラムの世界は1週間後には常識が変わることもザラにある。
怪しい、と思ったら必ずリファレンスを引く癖をつけるんだ。

教えないことが教える事

質問する場合は動かなくてもいいから、コードを書いてみる。
更には、リファレンス読んだりググったりした考察を必ず報告してから、
教えてもらうようにするんだ。

プログラムはある程度自己解決が必要なお仕事であるんだよ。

ただしハマるという現象も当然あるから15分とか30分ググってわからんかったら
素直に聞く癖をつけさせよう

なぜアルディーノのおすすめするか

今のマルチスレッドやオブジェクト指向は初心者にはちんぷんかんぷんになる原因

ハードに近くてなおかつめんどくさい所をラップされてて素直にロジックと向き合えるから
だからアルディーノをおすすめする。

まとめ

プログラミングはフローとコーディングを分けて考えさせるんだ。
そこが重要。

なれてきたらコード書きながらロジック考えられるけど、
最初は分けて考えよう。

SNSでもご購読できます。